くらしきコンサート
トップページ コンサート情報 チケット購入 クラプレの会 アラカルト これまでの公演 関連リンク集 会社概要
 

クラプレの会から贈られた招待券でコンサートを体験したジュニア招待者の声を募集します。
「クラシックなんて聴いたことがなかったけど、友達に誘われてコンサートに行ってみたら・・・」「オーケストラの演奏を初めて聴いて大きな音にびっくりした!」「涙が出た・・・」「演奏者のサインをもらっちゃいました!」「私はピアノをずっと習っているんだけど・・・」
コンサートを聴いて感じたこと、印象に残っていること、誰かに伝えたい気持ち、思い出の曲など、内容はなんでも結構です。また、引率の先生や保護者の方からのメッセージも受け付けています。
採用分は随時このページでご紹介していきます。(匿名希望はイニシャル表記に)
投稿者の名前(フリガナ)・学年または年齢をお忘れなく。メッセージお待ちしています!

メッセージはこちら


「野球少年から指揮者へ」 僕の夢をかえた一枚のチケット 中井章徳             2005/01/04
「将来の夢は阪神タイガースの選手!」これは小学校5年生当時の僕の夢で、学校から帰るとすぐ友達と野球!という野球大好き少年でした。
そんな僕にある人が、くらしきコンサート「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」のチケットをプレゼントしてくれました。特別な関心はありませんでしたが、もらえた嬉しさと初オーケストラ鑑賞という好奇心で1人出かけてみました。
ここで、運命の出逢い。ステージの上で何十人もの楽員を指揮棒一本で操っている指揮者の姿がとにかく格好良い!おもわず見とれてしまったのです。オーケストラのすごい迫力とお客さんの熱気を一体にする姿に「僕も指揮者になりたい!」と野球少年は決心しました。
あの日の感動から19年、指揮者としての道を歩んでいます。僕の場合、一枚のチケットが人生を新しい世界へと導いてくれました。 みなさんにとっては、きっと「クラプレの会」からのチケットが本物の素晴らしさを教えてくれるパスポートになることでしょう。是非、みんなにもたくさんの感動を味わって欲しいと思います。

【中井章徳】
出雲フィルハーモニー交響楽団音楽監督
倉敷ジュニアフィルハーモニーオーケストラ常任指揮者
くらしき作陽大学講師




 息子が前のめりで聴いていました K・O(母) 2017/06/27
第101回くらしきコンサート
「小山実稚恵 ピアノ・リサイタル」
2017.6.24

16歳の息子を連れて行きました。
ピアノリサイタルは初めてだったので、舞台を見るなり「ピアノだけ?」と言っていましたが、演奏が始まったら、前のめりで聴いていました。楽しそうでした。ありがとうございました。

 感動で母も涙 R・S(中学1年生・12歳) 2017/06/26
第101回くらしきコンサート
「小山実稚恵 ピアノ・リサイタル」
2017.6.24

小山さんのピアノを聞いたのは初めてでしたが、終わった時、感動して、母は感動しすぎて泣いていました。
あと、アンコール曲を3曲も聞いて「よかった」と思いました。
サイン会の時に、あくしゅをしてもらい、とてもうれしかったし、妹がふうせんを頭にかぶっていて、笑ってくれたのを全て覚えています。
今日はありがとうございました。

 左手だけの曲 S・K(小学3年生・8歳) 2017/06/26
第101回くらしきコンサート
「小山実稚恵 ピアノ・リサイタル」
2017.6.24

さいごの左手だけの曲(アンコール)が、りょう手でひいているみたいですごかった。またききたいです。

Copyright (C) 2005 Kurashiki  Concert. All Rights Reserved.